Coum株式会社
中小企業も取り残さない──顧客に寄り添うプロファームで見出す、コンサルタントの「生きがい」
見出し画像

中小企業も取り残さない──顧客に寄り添うプロファームで見出す、コンサルタントの「生きがい」

Coum株式会社

ビジネスにおいて、デジタル化はもはや企業規模を問わず必須のもの。しかし、大企業が先行してDXを推進するなか、最も支援を必要とする中小企業のDXが進んでいない現状がある。

総務省が2021年に実施した調査でも、DXを「実施していない、今後も予定なし」と回答した割合は、大企業の39.5%に対し、中小企業では68.6%に跳ね上がる。

原因の1つが、DX支援領域を得意とする大手コンサルティングファームのフィーが高額であることだ。これでは、資金力に乏しい中小企業は置き去りにされてしまう。

そんな中、大企業はもとより、中小企業の課題にも手厚く寄り添うコンサルティングファームがある。Coumだ。

Coumの特徴は、中小企業でも手が届くコストでありながら、幅広い経験を持つメンバーが、顧客視点で一気通貫のコンサルティングを提供できること。

Coumではなぜそれが可能なのか。同社のコンサルティングチームを率いるシニアマネジャーの金子賢太と、DXチームを率いるシニアプロデューサーの遠藤惣太の証言から探っていく。

「攻め」のコンサルへの転換、価値創造への思い

Coumの事業構成は、デジタル領域に特化した総合コンサルティングとDX支援の2つに大きく分かれている。

前者を率いるのが、取締役も兼任するシニアマネジャーの金子賢太だ。

「総合コンサルティングチームは、新規事業や既存事業の拡大、マーケティングなどの企画推進支援、事業立ち上げ後のグロースやシステム開発など、クライアントのご要望に応じてあらゆるコンサルティングに対応できる体制を整えています」(金子)

Coum立ち上げメンバーの1人である金子の前職は、日系コンサルティングファームだ。

入社当初は、コストカットや業務効率化といった「守り」の領域である、システム開発のプロジェクトマネジメントを多く担当していた。しかし、時代の潮流で仕事内容が、徐々にデジタル領域でのマーケティングや事業創出といった「攻め」のコンサルへと変化していく。

こうした流れを受け、金子は前職の社内で立ち上がったデジタルビジネスグループに参加。そこでリーダーを務めていたのが、後にCoumを共同創業する廣瀬真彦だった。

「システム開発では、予算や人数、期間などの制限下で最適解を探すことが求められます。しかし、マーケや新規事業では基本的にそうした正解はなく、もっと顧客に寄り添うことが求められます。

守りから攻めへの転換を経験したことで、顧客視点で新しい価値を提供するという姿勢の強化につながりました。そこをもっと突き詰めたいという思いが、Coumの創業へとつながっていったのです」(金子)

一方のDX支援チームで陣頭指揮を執るのが、シニアプロデューサーの遠藤惣太だ。

「DXチームは、ウェブサイトやアプリ、広告といった顧客接点のデジタル化と、営業、顧客管理の効率化、データ活用といった業務プロセスのデジタル化を担当しています」(遠藤)

遠藤はキャリアを営業職としてスタートさせたが、もともと起業志向が強かったため、若くして独立。カフェの経営やフリーペーパーを活用した広告事業の展開を経験している。

「広告事業は、最初は上手くいきました。しかし、広告やマーケティングがデジタルに移行してくると、紙だけでは先行きが見通せない状態に陥りました。そこで、ゼロからウェブを学ぶため、事業を譲渡してウェブの制作会社に入社したんです」(遠藤)

そんな遠藤がCoumへの入社を決めたのは、ウェブ制作やマーケティングの経験を積むなかで、もっと上流フェーズでの価値創造に関わりたいという思いに駆られたからだ。当時は、顧客接点がウェブ以外への拡大を続けている時期で、自ら手掛けられる顧客接点、そしてスキルの幅を広げたいという目論見もあった。

「仕事を通してCoumを創業した廣瀬と知り合う機会があり、それなら一緒にやらないかと、声を掛けられたんです」(遠藤)

2人の経歴を追うと、顧客視点や価値創造といったキーワードが見えてくる。これらがCoumの強みとしてどう結実しているのか、見ていこう。

高品質と適正なフィー、チーム連携で際立つ強み

Coumの強みについて、総合コンサルティングチームを率いる金子、DXチームを率いる遠藤、それぞれの立場から聞いてみた。

「コンサルチームの強みは、・・・

・・・続きは、Forbes CAREERの記事にてご覧ください

Forbes CAREER 2022年6月3日 配信記事より転載
制作:Forbes CAREER 編集部
文・山口学 写真・小田駿一

https://forbesjapan-career.com/story/437


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Coum株式会社
Coum(コウム)株式会社は、デジタルと洗練されたサービスで、顧客の価値創造と向上を実現するプロフェッショナルファームです。デジタルが当たり前となり、スピーディかつ複雑に変化するこれからの時代において、顧客とよりよい明日を共創することをミッションとしています。