挫折と葛藤を糧につくった理想郷──「仲間も顧客も幸せにする」、それが私の最適解(Coum x Forbes CAREER タイアップ記事)
見出し画像

挫折と葛藤を糧につくった理想郷──「仲間も顧客も幸せにする」、それが私の最適解(Coum x Forbes CAREER タイアップ記事)

Coum株式会社

Coumは、新しいタイプのコンサルティングファームだ。

クライアントとの関わり方、組織の在り方、そして働き方。

その一つひとつが新しく、そこに創業者・廣瀬真彦の個性が生きる。そもそも、彼がキャリアを積む中で感じた課題を解決するために、この会社が生まれたと言っても過言ではない。

Coumの主戦場はデジタル領域。コンサルタントと共に自社のエンジニア、デザイナーが、事業の立ち上げから事業継続・成長のためのプロモーションや運営まで、総合的に手厚く支援する。それが同社のスタイルだ。

起業前、廣瀬は外資系コンサルティングファーム、事業会社、日系コンサルティングファームでのキャリアを経験。一度は起業資金を貯めるため、フリーのコンサルタントにも転身したが、起業への熱が冷めた時期もあったという。

一度、冷え切った情熱はいかにして再び、燃えたぎったのか。

彼に起業を決意させたものとは、何だったのか。

背景には、廣瀬の“ブレることのない”スタイルがあった。

顧客も仕事も失い、気付いたコンサルという仕事への“愛情”

設立間もないYahoo!やGoogleなど、世界で若きITベンチャー経営者たちがスポットライトを浴びていた、2000年の少し前。海外志向だった廣瀬も、鼻息の荒い若者らしく、ITに興味を抱くようになる。

「会社の看板なしで活躍する、若いIT企業の経営者たちへの憧れがありました。バブル崩壊で大手証券会社が潰れるのを見ていたこともあり、これからは自分の力で仕事をする時代だと」

大学時代、1年間アメリカに留学した廣瀬は、注目が集まり始めていたシリコンバレーで数カ月間を過ごす。そこでITや経営への興味を強め、大手外資系コンサルティングファームに就職。経験を積み、一人前になるためだった。

そこでは、着々とコンサルタントとしての基礎スキルを身に付けた。クライアントもプロジェクトも大規模で、時には国内外で500人が関わる案件もあった。

チームの一員として、仕事にやりがいは感じていたが、プロジェクトの全体感を捉えるのは難しかった。次第に、「もっと経営の上流に近い部分に関わりたい」という想いを強くする。

そんな時、ある企業の新規事業プロジェクトを担当するチャンスが訪れる。廣瀬の願い通り、事業を創り出す面白さを体験できた。

ここで青天の霹靂。

所属するコンサルティングファームはローンチを目前に撤退してしまったのだ。「この事業を最後まで見届けたい」、廣瀬は思い切った決断をする。クライアントだった事業会社へ転職し、無事ローンチまでやり切ったのだった。

その後、フリーのコンサルタントに。仕事も多く、がむしゃらに働く日々だったが、今度は、リーマンショックという名の嵐が廣瀬を襲った。クライアントの多くは、金融業界。多くの仕事を失った。

自分を磨き直す機会と捉えた廣瀬は、ビジネススクールに通い始める。ビジネスのヒト・モノ・カネを学び、自らの志にも向き合った結果、あることに気付いたのだった。

「お客様との距離も近い。努力がダイレクトにフィードバックされ、貢献実感が大きい。そしてチームで働く楽しさもある。コンサルの仕事がやっぱり好きなんだと」

・・・続きは、Forbes CAREERの記事にてご覧ください


Forbes CAREER 2022年1月11日 配信記事より転載
制作:Forbes CAREER 編集部
文・新川五月 写真・小田駿一

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Coum株式会社
Coum(コウム)株式会社は、デジタルと洗練されたサービスで、顧客の価値創造と向上を実現するプロフェッショナルファームです。デジタルが当たり前となり、スピーディかつ複雑に変化するこれからの時代において、顧客とよりよい明日を共創することをミッションとしています。